唯物論者ぽん太郎さんからの質問に対して数回にわたってお答えしています。
※ちなみに私は、アンチ唯物論派として、唯物論はおかしいし、
生命の尊さを軽んじさせる怖い思想であり死生観がおかしいと提唱しています。


事情で明日は記事のアップがおそらく難しいので、
今晩、もう一つ記事をアップしておきます。

今までで一番簡単な質問


ちなみに現時点の科学によって人類が見知ることが出来る「物質」は宇宙の何パーセントくらいかご存知ですか?

についてはまだ返事がきません。
他の内容のコメントはついていたので、この質問は目にして
おれらるはずなのですが、

お忙しいのか、
直感的に関心なしと思われたのか
体調を崩されたのか、

理由は、わかりませんが、もし体調お悪いようでしたら、
無理されず。
熱中症などになられたら大変ですから。

お返事お待ちしております。

当然ご存知かとは思いますが、もしご存知なければ「知らない」でも結構です。
不必要かと思いますが、読者の方も意識して、ヒントを少し

ダークマター
ダークエネルギー

最近の科学の本にはほぼ出ていますし、一般のニュースでも
何度も報じられているので、科学に関心のある方なら、皆、
ご存知のことと思います。

さて、なぜこのような質問をしたのかと申しますと、

以前の質問(確認)の結果が以下のとおりであり、
(失礼ですが)ぽん太郎さんは、ある一定のレベルの科学的知識
から、パタッと情報が途絶えているように思えたからです。
(ブライアン・グリーン、ウィッテンも、ホログラフィー宇宙論
もご存知ないようでしたし)

■以下の論を
知っている○ 知らない×  認める□ 認めない■

(追加: 素人レベルで知っている△ 分からない×)

■以下の論を

知っている○ 知らない×  認める□ 認めない■

例:△△理論・・・○ ■ (知っているが、認めない場合)

1:ボーアの相補性  △□

2:超ひも理論    △×

3:シュレーディンガーの説(例えば「精神と物質」という本の内容) →これは、この本に書かれているという意味でしたが、
読んでおられないという理解でよろしかったでしょうか?

4:「物」より「コト」の方が優位に立つ
(「物」と「コト」について学ばれたいならば、竹内薫著
『物質をめぐる冒険~万有引力からホーキングまで』が
分かりやすいと思います) ×

5:「場」      △□

6:量子宇宙論     ×

7:唯心論物理学    ×

8:全体性と内蔵秩序  ×

9:唯識        ×

10:ビッグバン仮説  △□

11:サイクリック宇宙論 ×

直感的に「学ぶ必要なし」とされず、特に4、6、11は
現代物理を学ぶ上では、特別高いレベルのキーワードでは
ないので、言葉の意味ぐらいはこれを機会に学ばれること
をお勧めいたします。

9も、唯物論が真実と断定するならば、基礎知識だけでも
知っておかれた方がいいかと思います。

一応お伝えしておきますと、私は、すべて○です。
(まあ、すべて△としておきましょう)

さて、「科学と真理」と聞けば多くの方が思う浮かべる
ニュートンの有名な言葉があります。

 

「私たちは浜辺で、より美しい貝殻や、より滑らかな小石を
あちこちさがし求めている子児のようなものである。
未知の真理の大海は眼前にはてしなくひろがっている」

アイザック・ニュートン

科学を学べば学ぶほど、わかっていることはほんの少しで、
分かってないことがいかに多いか知らされる

真面目に科学を学べば、この謙虚な心が芽生えてくると
思います。

もし《科学》に「物質とは何か分かりましたか?」

と尋ねることができたとしたら

「この四次元時空の物質ですらほとんど分かってない。
超ひも理論では、実はこの世界は11次元ではないかと
言われているし、サイクリック宇宙モデルでは、
ビッグバンは何回も繰り返されていると言われるから、
もしそれらが本当だとしたら、何も分かってないに
等しい。
たまに科学で分かっていることを《真理》《真実》と
いう人があるけれど、恥ずかしくてとてもそんなことは
いえません」

と答えるのでないでしょうか?

 

「科学では、《物質》について、ほとんど何も
分かっていない」

「ゆえに、《この世界はただ物質のみが実在》などと
断言することはとても出来ない。
物質とは何か?すら分かっていないのだから」

これが、いわゆる、ぽん太郎さんの言われる
「科学でいう真実」
ではないでしょうか?

念のためお尋ねしますが、

ぽん太郎さんは

「(最新の)科学で正しいといわれることは真実である」

とのことですが、同じく、

「(最新の)科学で正しいといわれることは真理である」

という主張でよかったでしょうか?
よろしくお願いします。