あなたが望みさえすれば、手に入るものは……




「どうせ死ぬ……」この呪縛から逃れるたった一つの方法
(3000年の歴史、150の思想から分かった結論が今日分かります)

どのようにして、死の不安、恐れ、悲しみ、苦しみの根本が根こそぎ抜き取られるとハッキリしたのか?
(それは、百億円を手にいれるより凄いことでした)

 

どうやって死の不安を理解してもらえない深い孤独にサヨナラしたのか……。
(大好きな人に、孤独のメッセージではなく、喜びのメッセージを伝えられるようになるには?)

 

上っ面の自信が、腹底からの自信に変わる瞬間とは?
(才能や、立場に関係ない、一番深いところから湧き上がる喜びが分かります)


死の不安解消法、間違った5つの常識とは?
(知らなかったら、一生不幸のままです)


3通りの死の恐怖があることを知りましょう。あなたはどれ?
(問題を整理しましょう。それが偉大な第一歩です)
 なぜ死が怖いのか? 4通りの理由。
(自分でもよく分からない恐怖の秘密が明らかになります)

 

どこに死の解決が教えられているのか?
(ソクラテスをも超えてしまう答えが、ごく身近にあることが分かっています)

 

「死の怖れなし」を詠い、13階段を駆け上った死刑囚をご存じですか?
(最悪の状態でも、崩れない幸せがあります。決して英雄豪傑にならねばならないのではありません)

などの答えです。

 

 



    ところが、
    「死の不安」は、家族にも理解してもらえず、嫌われるのが怖くて恋人にも打ち明けられず、親しい友人からも、せいぜい「今を楽しもうや」と励まされる程度。

    他のことなら分かり合えるのに、なぜ、この一番分かってもらいたいことが理解してもらえないのか……。

    ネット上となると、 死を恐れる人を〝ビビリ〟だとか、〝異常〟だとか、〝甘え病〟と決めつける、こころない人が多すぎます。

    それは、とても残酷な仕打ちであり、まるで、底知れぬ孤独という谷底に突き落とされたような気持ちになるのですが、その寂しさを小さな胸の中に隠すより生きていく道はないかのようです。

    ■告白します……

    実は、私も幼い頃から、死が怖くてなりませんでした。 特に、夜や寝る前にひどくなり、「寝たらそのまま目覚めないのではないか」 と、なんともいえない嫌な不安が頭をもたげたるのです。
    他の問題と違い、解決の方角がまったくふさがれ暗中模索の状態でした。 結局、最後は死んでいく、すべては失われると思うと、無気力状態になり、吐き気すらする時も。
    「死んだらどうなるのだろう」
    見上げた夜空が不気味に歪んだのを忘れることが出来ません。
    でも、 こんな悩みを抱えている人は決して少なくはありませんでした。

    ■ あなたは死の不安についてのアドバイスを、名も知らぬ人から受けたいでしょうか?  それとも、歴史上最高の専門家から聞きたいでしょうか?

    「哲学は死の準備」とはソクラテスの弟子、プラトンの言葉。  釈迦は、すべての人、共通の四つの苦しみの最大のものに死ぬ苦しみをあげ、解決の道を求めました。

     「死」を最も重要な問題と位置付けた思想家、哲学者は数知れません。

     3000年の歴史の中で、代表的な150人について26年に渡って研究をつ づけました。

     100年後には、全く忘れさられてしまうであろう人や、

     怪しげな新興宗教の教祖さまからではなく、

     歴史の重さに耐えうる、国や時代を超えて普遍的な問題解決の道を厳選に厳選を重ね、大事な部分だけをあなたにお届けします。

    あなたが恐れている死という問題によって、毎日の幸せを妨げられないたった一つの道があります。

    れを85ページの小冊子にしました。


    今日は、その小冊子を
    無料でプレゼントします。

    なぜなら、私がものすごく悩んできた内容なので、あなたの苦しみがよく分かるからです。

    そして、この手の問題は怪しいものが多いので、有料だと、この内容を学ばれるキッカケすら持つことが出来ないかもしれないかたです。

    (注意:期間限定です。後回しにする人は結局、永遠に学ばずじまいだからです。

    おこがましいようですが、ちょっとだけあなたの後押しをさせてもらいます。

    フォームの先が閉じられていなければ、まだ大丈夫です)

    あなたは十分悩んでこられました。

    もう、解決の道を歩み始めていいはずです。


    あなたは、その道を進まれることを望みますか? 望みませんか?
名前(ニックネーム)
メールアドレス
※登録がうまくいかない場合、お手数ですが下記のアドレスにご一報ください。

masao■osajima.info

(■の部分を@に変更お願いします)

では、物語と小冊子の中で、お会いいたしましょう。
 
2014 Copyright masao osajima All Rights Reserved.